【テクニファイバー】レーザーソフト インプレ

スポンサーリンク
ストリングインプレ

どうもじょりじょりです。

今回はテクニファイバーから発売されている新しめのストリング、レーザーソフトのインプレになります。

柔らかく、高反発の扱いやすいストリングになっています。

似たストリングだとポリツアープロなどになります。

☆ポイント☆

・レーザーコードより柔らかめ

・ポリツアープロなど標準的なポリに近い

・少し伸びやすいかも

スポンサーリンク
スポンサーリンク
じょりじょり

東北出身、テニス歴9年、釣り歴5年になります。

テニスラケット収集が趣味で90年代から現在のラケットまで幅広くコレクションしています。

年間ラケット購入数は過去最高50本です。
現在までのラケット、ストリング使用数は300を越えてます。

メイン:テクニファイバー t-fight 315 isoflex
使用ストリング:テクニファイバー レーザーコード 48ポンド 

じょりじょりをフォローする

インプレ

セッティング

t-fight 315に縦48ポンド×横47ポンドで張っています。

ストローク性能

打感

たわむ感じがあり硬さはない

くせのない柔らかさでフェイスがしっかりたわんでいる感触ですね。

硬さもないので初めてのポリでも使いやすく感じると思います。

飛び・反発性

高反発だがパワーロスもあり

軽いスイングでもしっかりとんでくれるので結構楽です。

ただ速いスイングになるとレーザーコードに比べ威力が出にくいように思います。

楽ではありますがもう少し威力、重さを求めると頼りないかなといった印象です。

スピン性能・軌道

ポリツアープロとそこまで変わらない印象

それなりに引っ掛かり、スピン量ですがかなりかかるというわけではないです。

ポリツアープロに近いというかほぼ同じだと思います。

レーザーコードよりも軌道は上げやすいのでそこは好みが出てくると思います。

ストローク総評

使いやすいけど個人的にはレーザーコード派

ポリツアープロに近く、癖もないためかなり使いやすいストリングでした。

ただニュートラルなラリーやサーブなどレーザーソフトにすると結構攻められる印象でした。

打感も柔らかい、軌道のコントロールもしやすいとウォーミングアップの時は好印象だったのですが、

いざ試合となると結構攻められてレーザーコードに変えると攻められなくなったので、

筆者は合わなかったみたいです。

ボレー

レーザーコードに比べ球持ちが良いので、しっかり掴んでボレーをしたい方にはとても良いです。

ただレーザーコードのスピード感などを考えると少し劣るので、ダブルスではレーザーコードの方が好きですね。

サーブ

サーブも回転系、フラットと打ちやすく、球持ちのおかげで安定感はありました。

レーザーコードはスピード、キレは良いですがたまに変に吹っ飛ぶのでその点レーザーソフトの方が安定感はありました。

試合

シングルス

打ちやすいけど球の威力が…

レーザーコードに比べると撓む分パワーロスをしているのかかなり攻められました。

普通にラリーをしているだけなのにレーザーコードと比べ、決められる回数が増えました。

自分の感覚としては打ちやすく、回転量も挑戦しやすいストリングだったのですが、

実際は球の質とかはレーザーコードに比べ劣っていたようです。

メドベージェフ選手とかはこのストリングに変えて戦績伸ばしておりますが、アマチュアの僕にはこのストリングの良さを引き出せなかったです笑

まとめ

撓みもあってしっかり飛んでくれるので扱いやすいストリングでしたが、

何故か試合では攻められまくる不思議なストリングでした笑

レーザーコードの方が自分の良さが出せているのでそのままにしますが、

初めてのポリとして使うには良いストリングだと思います。

それではここまで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
ストリングインプレテニス
シェアする
じょりじょりをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました