【テニス】ハイブリッド探求 〜シグナムプロ ファイヤーストーム編〜

スポンサーリンク

どうもじょりじょりです。

いつもTCSを使っていますがたまにハイブリッドにしたりして遊んでいます。

自分でストリングを張っている分色々試したくなってしまうんですよね笑

記事のポイント
ハイブリッドは組み合わせが無限大です。とても良いものもあれば人間が使えない組み合わせなど。今回はファイアーストームをメインで行いました

・ポリ×ナイロンは反発性を抑えた組み合わせ
・ポリ×ポリで最高の組み合わせ
・反発系ラケットには良い組み合わせかも

練習での試合や本番の大会だとTCSにして使っていますが、普段の練習、レッスンだとたまに遊びか欲しくなってついハイブリッドをしてしまいます。

ハイブリッドって無限の組み合わせがあるのでラケットだけでなくストリングを探求するのがすごく楽しいんです。

良い組み合わせもあれば打感がわけわからん組み合わせもあれば…笑

今日はシグナムプロ ファイヤーストームをつかったハイブリッドの組み合わせになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
じょりじょり

東北出身、テニス歴9年、釣り歴5年になります。

テニスラケット収集が趣味で90年代から現在のラケットまで幅広くコレクションしています。

年間ラケット購入数は過去最高50本です。
現在までのラケット、ストリング使用数は300を越えてます。

メイン:ピュアアエロ2022
使用ストリング:ゴーセン G-tour1 50ポンド

じょりじょりをフォローする

インプレ

セッティング

今回はファイヤーストームは縦に48ポンドで張りました。

横は全て47ポンドで張っています。

ストリングは縦横含め全て1.25かそれに近いゲージにしています。

使用ラケットはヘッドの グラフィン360+ プレステージMPです。

横:ナイロン

ファイアーストームって単張りの時って柔らかくて反発性も高い感じです。

スピン性は意識してかければ普通以上のスピンがかかります。

今回は横【ゴーセン:AKpro】、【テクニファイバー:シンセティックガットとXR3】

で試してみました。

全体の評価としては

ストローク

単張りよりも反発性が落ち、飛ばない感覚になりました。スピン性能は単張りと変わらずです。

ボレー

少し足を入れないといけないですね。合わせるだけのボレーだと少ししんどく感じました。ブロックボレーならまだしも反発性落ちているので球足が短くなりやすいと感じました。回転は問題なかったんですけど反発がと言う感じでした。

サーブ

飛ばないのがちょうど良くて振らなくてもまだ少しある反発性で入りますし、振ったら反発性が落ちているおかげでコート内にしっかり収まりました。

まとめると反発性が落ち、暴発がなくなるので今ピュアドライブとか飛びやすいラケットで飛び過ぎを抑えたい人におすすめできます。

テンションもそこまで下げたくないと言う人はこの組み合わせは正直良かったです。

3種類使いましたが個人的にはAkproが一番打感が良かったです。

性能的にはほぼ変わりませんでしたが、シンセティックガットの時は打感がなくなりしっかり打ててるか心配になっていました。XR3は打感は良かったですが多分に時間変えると8時間位(レッスン4回分くらい)で切れたので耐久性、打感を考えるとAkproですね。

横:ポリエステル

次にポリエステルになります。

【ポリファイバー TCS】、【シグナムプロ トリトン】、【ソリンコ ハイパーGソフト】です。

ストローク

TCSのときは柔らかく、スピン性能もそこそこで体の負担なく使えました。反発性は単張りとほぼ変わらなかったです。

トリトン、ハイパーG ソフトは打感はTCSに比べて少し硬めでした。スピン性能はどちらもかかりますがハイパーG ソフトのかかりはすごかったです。打ち込んでも柔らかい打感で落ちてくれるので使いやすいと感じましたが少し飛びすぎでした。

ボレー

性能面の違いはあまり感じなかったです。反発性もあるので普段通り打てますし打感もめちゃくちゃ硬いわけではないのでファイヤーストームを使ったりする身としてはストロークほどの違いはなかったです。

サーブ

トリトンはスピンそこそこで飛びにくくて、ハイパーG ソフトはめっちゃスピンかかりました笑

TCSはファイヤーストーム単張りと性能は変わらなかったです。なのでファイヤーストームでサーブ飛びすぎるからスピンかけたい人はハイパーG ソフトのハイブリッドが良いと思いました。

まとめるとポリ系列の3つの中ではハイパーG ソフトが一番良かったです。

スピンが掛かるのでファイヤーストームの反発性を残したままスピン性能が高まっておりかなり使いやすいと思いました。またストリング自体もどちらも柔らかさはあるので手首、肘も特に問題はなかったです。

1番良かった組み合わせ

今回の条件だと横 ハイパーG ソフトですね。

ファイヤーストームの良さを残しつつスピンがかかりやすくなったので素直に使いやすいと感じました。

試合でのストロークもふかすことがないので使いやすく、安心して打ち込むことができました。

欠点はスピン性能が上がったんですけど球足が短くなるのか、コートに落ちてスピンがかかりすぎてスピードが落ちたんでしょうか、

安定してラリーができても決めきれないことが多い印象でした。

なのでピュアドライブなどの飛びすぎるラケットにこの組み合わせが良いかもしれません。

僕も結局TCS単張りのままにしました笑

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
テニス
シェアする
じょりじょりをフォローする
じょりじょり工場

コメント

タイトルとURLをコピーしました